ローカルメディアの仕事術 - 影山裕樹

ローカルメディアの仕事術 影山裕樹

Add: omywa99 - Date: 2020-12-01 02:39:21 - Views: 1286 - Clicks: 73

ローカルメディアの仕事術:人と地域をつなぐ8つのメソッド - ローカルメディアの仕事術 - 影山裕樹 影山 裕樹 単行本(ソフトカバー) ¥2,200 残り6点(入荷予定あり) この商品は、Amazon. 2 章 ローカルメディアの編集術 1 全体像をつくる プロデュース術──最後まで緻密に関わる 幅允孝 / ブックディレクター 編集術──関係者に揉まれながら一番よい解決策をみつける 影山裕樹 / 編集者. 01_ローカルメディアの仕事術(影山裕樹) たまに相談も受けますし、自身でも興味がある分野なので思わず買ってしまいました。 「ローカルメディアはマネタイズ出来るのか?」 というテーマです。. ローカルメディアの仕事術〜人と地域をつなぐ8つのメソッド 編著:影山裕樹 著:幅允孝・多田智美・原田祐馬・原田一博・成田希・小松理虔. 1章 ローカルメディアを始める前に 2章 ローカルメディアの編集術 【1 全体像をつくる】 1 プロデュース術── 最後まで緻密に関わる 幅允孝/ブックディレクター 2 編集術── 関係者に揉まれながら一番よい解決策をみつける 影山裕樹/編集者.

ローカルメディアとは何だろう? 既存の地方紙、地方テレビ局のほか、ある地域を対象にした雑誌、フリーペーパー、イベントなどに合わせて発行される小冊子、観光客や移住者を獲得するためのキャンペーンサイトなどと本書『ローカルメディアの仕事術』(学芸出版社)は定義する。. 1章 ローカルメディアを始める前に 影山裕樹. 影山さんは数多のローカルメディアを見てきた経験から、 それぞれのメディアの目標が「地域の課題を解決すること」や、 「売り上げをのばすこと」など、バラバラであることに気づいたといいます。 それから「ローカルメディアとは何か」「一体どこにゴールを見定め、 地域にふさわしいメディアをつくっていけばいいのか」ということにフォーカスを絞り、 ローカルメディアへの取材を重ねてきました。 第1章では「あなたのゴールはどこにありますか?」と問いかけながら、 メディアの必要性を明確にすることの大切さについて書かれています。 これからメディアをつくりたいと思っている方は、 この章を読むだけでもコンセプトが明確になっていくかもしれません。 次のページ もしかしたらメディアじゃなくてもいい? ローカルメディアの役割とは Page 2.

影山裕樹 ローカルメディアの仕事術 人と地域をつなぐ8つのメソッド : 影山裕樹 | HMV&BOOKS online本サイトはJavaScriptを有効にしてご覧ください。. 52より) 『城崎裁判』は初版の1000部が数週間で売り切れ、 現在の販売部数は累計1万部を超えたといいます。 幅さんは制作過程も重視されており、「制作者として関わるだけじゃなくて 現地に来て温泉に入って、地元のメンバーと仲間になる」ことも大事だと書かれていました。 幅さんの仕事術にはユニークなアイデアがたくさんちりばめられています。 続きはぜひ本編でご覧になってみてください。 このほか『ローカルメディアの仕事術』ではマネタイズの方法やコミュニティづくりのアイデア、 企業やNPOが手がけるローカルメディアが実践するまちへの働きかけも紹介されています。 『ローカルメディアの仕事術』. 30より) たしかに、お年寄りが多く住む地域では、スマホでアクセスしなければならないウェブマガジンやSNSよりも、ポイントカードや回覧板の方が有効かもしれません。. 幅允孝さんが地域プロデューサーとして関わる城崎温泉で発行された 小説『城崎裁判』のアイデアも、城崎に潜む課題から生まれた一冊でした。 『城崎裁判』は兵庫県豊岡市の城崎温泉でしか買えない、万城目学さんによる小説です。 〈NPO法人 本と温泉〉から発行された『城崎裁判』(左)。タオル地でできたブックカバーは、温泉のなかでも読めるようにという配慮から。著:万城目学(参考画像) 「最初の訪問時から、ご当地限定販売の本というアイデアが出てきたわけではない。 本や雑誌をつくるにしても、ある地域が唐突にリトルプレスをつくっただけでは 埋もれてしまうと確信していた。城崎は関西圏では温泉地として有名だし アクセスもしやすいが、東京からだと飛行機を二度も乗り継がなければならないし、 プロペラ機なので、一度に乗れる人数にも限界がある。 そこで、交通の便を逆手にとることを考えた。 志賀直哉をはじめ昔の小説家がそうしていたように、現代の作家を旅館に招き 滞在してもらい、そこで作品を書いてもらい、でき上がったものを ここだけで売ったら、わざわざ来る甲斐もある」 (幅允孝さん『ローカルメディアの仕事術』P. 【中古】 ローカルメディアの仕事術 人と地域をつなぐ8つのメソッド /影山裕樹(著者),幅允孝(著者),多田智美(著者),原田祐馬(著者),原田一博(著者),成田希(著者),小松理虔(著者) 【中古】afb. ローカルメディアの仕事術 人と地域をつなぐ8つのメソッド - 影山裕樹/編著 幅允孝/著 多田智美/著 原田祐馬/著 原田一博/著 成田希/著 小松理虔/著 山崎亮/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。. 新刊、『ローカルメディアの仕事術』、『あたらしい「路上」のつくりかた』関連トークイベント目白押しです。 「ローカルメディアの視点から語るあだちの魅力」東京 5月27日(日)14:00〜16:00 影山裕樹×舟橋左斗子 司会:吉満明子(センジュ出版) 仲町の家(足立区千住仲町29-1) 参加費.

2章 ローカルメディアの編集術 1 全体像をつくる 1 プロデュース術── 最後まで緻密に関わる 幅允孝/ブックディレクター 2 編集術── 関係者に揉まれながら一番よい解決策をみつける 影山裕樹/編集者. 1章 ローカルメディアを始める前に 影山裕樹 2章 ローカルメディアの編集術 1 全体像をつくる 1 プロデュース術── 最後まで緻密に関わる 幅允孝/ブックディレクター 2 編集術── 関係者に揉まれながら一番よい解決策をみつける 影山裕樹/編集者 2 枠組み. 『ローカルメディアの仕事術 人と地域をつなぐ8つのメソッド』影山裕樹 編著 体 裁 四六・252頁・定価 本体円+税 ISBN. 『ローカルメディアの仕事術:人と地域をつなぐ8つのメソッド』(影山裕樹) のみんなのレビュー・感想ページです(5レビュー)。作品紹介・あらすじ:地域に根付き、多様な人をつなぎながら、継続するための考え方とノウハウ。全体像からディテールまで①プロデュース②編集③チームづくり④. 【予約イベント】 /5/28 「ローカルメディアの仕事術」刊行記念影山裕樹 x 多田智美トーク チケット①か②をご明記ください。 【お名前】 【電話番号】 【人数】 +++++ ※通販をご希望の方は、このままこちらからどうぞ。. 1 章 ローカルメディアを始める前に 影山裕樹.

〈CIRCULATION KYOTO〉(参考画像) 影山さんはまちの見方を180度変えるローカルメディアづくりワークショップ 〈CIRCULATION KYOTO〉のプロジェクト・ディレクターを務めるなど、 さまざまな活動を通して地域を見つめてきました。 そんな影山さんは本書のなかで「地域再生にローカルメディアが役立つのか」 という問いに、意外にも「ノー」といっています。 そして、まずはじめにするべきことは、 空き物件の利活用や地方経済を活性化させること、と述べた上で 他の手段やメディアの新しいかたちを探ることも提案しています。 そのトピックのなかで紹介されていたのが、京都市北区の商店街で 使われているポイントカード「ふえるかカード」。 このカードにはお客さんの来店履歴が記録されており、 しばらく買い物に来ていないお年寄りの方には、商店街から自宅へ 「お元気ですか?」と電話がいくようになっているといいます。 「このように、お年寄りの孤立が問題の地域や孤独死が課題になっている 団地なら、 若者も参加する回覧板を構想してみてもいいかもしれない。 通常、フリーペーパーを創刊したら、知り合いのカフェや 市役所のラックに配布する、というアイデアしか出てこないものだ。 せっかく良質なメディアをつくっても、配られる場所が考えられていないと、 届けたい相手に届かない。これではつくる意味がそもそもない」 (影山裕樹さん『ローカルメディアの仕事術』P. 【tsutaya オンラインショッピング】ローカルメディアの仕事術/影山裕樹 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販. 『ローカルメディアの仕事術』-人と地域をつなぐ8つのメソッド-編:影山裕樹 著:幅允孝、多田智美、原田祐馬、原田一博 成田希、小松理虔、山崎亮 発行:学芸出版社 定価:(本体2,000円+税)四六・252p.

ローカルを前提としているからこそ、求められる編集術があるのだ。 影山さんは、多くの地域が抱える一番の課題を「地元の人たちが、自分が暮らす土地に誇りを持てないこと」だとし、「大事なのは、外から押し付けられるイメージを跳ね返し、自分たち. 影山 裕樹(かげやま ゆうき、1982年 1月21日-)は日本の編集者、ライター、ディレクター。東京都出身。合同会社千十一編集室代表。青山学院女子短期大学非常勤講師。山下陽光、下道基行とともに路上観察ユニット「新しい骨董」としても活動。. ローカルメディアの仕事術 人と地域をつなぐ8つのメソッド/影山 裕樹/幅 允孝/多田 智美/原田 祐馬/原田 一博/成田 希/小松 理虔/山崎 亮(社会・時事・政治・行政) - 現代におけるローカルメディアとは?. 年5月28日(日)、刊行を記念し 大阪のスタンダードブックストア心斎橋にて、 影山裕樹さんと多田智美さんによるトークイベントが開催されます。 テーマは「仕事のつくり方、チームづくりにまつわる10か条」。 詳細はこちらから! ぜひチェックしてみてくださいね。. 1章 ローカルメディアを始める前に(ゴールは要るが、ルールはない ローカルメディアとは何か ローカルメディアをつくるポイント1 こだわるべきクオリティは何か ほか) 2章 ローカルメディアの編集術(全体像をつくる 枠組みをつくる ディテールをつくる). See full list on colocal. 「講座本を作ること 第三回」は 『ローカルメディアの仕事術』『あたらしい「路上」のつくりかた』の編著者 影山裕樹さんをお招きします。 影山さんに各地のローカルメディアの最新事例を紹介いただくとともに、地域における情報発信のあり方、「人と人をつなぐ」ローカルメディアの. 30より) たしかに、お年寄りが多く住む地域では、スマホでアクセスしなければならない ウェブマガジンやSNSよりも、ポイントカードや回覧板の方が有効かもしれません。 課題から新しいメディアの可能性を探っていく発想方法には、目からウロコが落ちるようです。.

ローカルメディアの仕事術(影山裕樹・編著、学芸出版社)掲載 書籍『ローカルメディアの仕事術』(影山裕樹・編著、学芸出版社)にて広報誌「三浦編集長」のコンセプトや成り立ちについて取り上げていただきました。. 先日開催された、花巻シティプロモーションサイト「まきまき花巻」のオープン編集会議にゲストで来ていただいた影山裕樹さんの著作。1コーナーで同じくゲストだった成田希さんも執筆されている。以前影山さんが書いた「ローカルメディアのつくりかた」がとても面白く、様々な会社の. 新しいメディアのあり方について考える「あしたメディア研究会」が開催するオンラインセミナー。 今回は、編集者/プロジェクト・エディターとして活躍する「千十一編集室」代表の影山裕樹さんをゲストに迎え、最近注目されるローカルメディア(主に紙メディア)の新しい動きについて. ローカルメディアの仕事術 - 人と地域をつなぐ8つのメソッド - 影山 裕樹 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 影山 裕樹, 幅 允孝, 山崎 亮, 多田 智美, 原田 祐馬, 原田 一博, 成田 希, 小松 理虔, 影山 裕樹作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またローカルメディアの仕事術:人と地域をつなぐ8つのメソッドもアマゾン配送商品なら通常配送無料。.

ローカルメディアの仕事術 - 影山裕樹

email: iminys@gmail.com - phone:(847) 720-6077 x 9504

5つ数えれば君の夢 - 今日マチ子 - 私立中学校入学ガイド

-> 日本議会史録 - 内田健三
-> 柔術入門 - 菅野久

ローカルメディアの仕事術 - 影山裕樹 - ブルーマップ


Sitemap 1

個独のブログ - 伊藤康祐 - サクラマス全記録 Gijie特別編集